event

【MY PLAZA JOY】~ストラディヴァリウスの響きを『明治生命館』で~ 天満 敦子 無伴奏ヴァイオリンリサイタル

奇跡の時間―。
日本を代表するヴァイオリニスト 天満敦子が愛器ストラディヴァリウスで奏でる「心の音楽」。

■ プログラム ■
〈演奏曲目(予定)〉
シューマン:トロイメライ
マスネ:タイスの瞑想曲
ポルムベスク:望郷のバラード
山田耕筰:からたちの花
ホルスト:ジュピター 他

■出演者&プロフィール■

◆天満 敦子 Atsuko Temma
東京藝術大学大学院修了。海野義雄、故レオニード・コーガン、故ヘルマン・クレッバースらに師事。在学中に日本音楽コンクール第1位、ロン=ティボー国際コンクール特別銀賞等を受賞。以来、国際的に活躍中。
1993年にルーマニアの夭折の作曲家ポルムベスクの「望郷のバラード」を日本に紹介。クラシックでは異例の10万枚を超える大ヒットとなり、以後、この作品は天満の代名詞とも言われるようになった。その後、2004年11月には待望のバッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」全曲CDが発売され、楽壇の注目を集めた。
東日本大震災後は、母親の故郷でもある福島県を中心に、被災地各地での公演を続け、地元の人々との絆を深めている。2015年6月に発売したCD「旅人のうた」には被災された人々への想いが込められ、2016年8月には長野県上田市にある戦没画学生慰霊美術館“無言館”にて録音したCD「天満敦子in無言館」を発売。業界複数誌から特選盤の選定を受けた。
現在、東邦音楽大学大学院教授、松本市四賀音楽村村長、しおがま文化大使。

協力:日墺文化協会

INFORMATION

会場
明治生命館 1Fラウンジ
※入場無料
開催日時
2019/6/22(土) 17:00~17:50